4分間のマリーゴールド主題歌の発売日はいつ?#302の歌詞や意味は?

みことと沙羅、運命の恋の行方は?

愛する人の一年後の「死」をみてショックを受けたみことはなんとかして沙羅を救おうとする。

運命は変えられるのか。はたして・・・・

 

「生」と「死」に立ち向かう強さをください・・・ドラマのサブタイトルです。

 

このドラマでは平井堅さんの歌う主題歌#302も話題にあがっていますね。

主題歌の発表日はいつ?歌詞の意味は?について知りたい人が多いのではないでしょうか。

 

ここでは「4分間のマリーゴールド主題歌の発売日はいつ?#302の歌詞や意味は?」と題して、詳しくお伝えします。

4分間のマリーゴールド主題歌を歌う歌手は平井堅!

 

平井堅さんのニューシングル「#302」は12月4日発売です。

「4分間のマリーゴールド」の主題歌ですね。

 

▼購入はこちらからできます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

#302 (初回限定盤 CD+DVD) [ 平井堅 ]
価格:1452円(税込、送料無料) (2019/11/12時点)

楽天で購入

 

 

2018年にリリースした「half of me」からほぼ一年ぶりのドラマ主題歌です。

ドラマを包み込むような、胸が痛むような切なさがが美しいですね。

 

平井堅さん自身この曲に関してこう述べています。

本人

自らの身を削るほど、焦がすほどに相手を想う気持ちをドラマと並行するようにもう一つのラブストーリーを紡ぐつもりで書きました。

4分間のマリーゴールド主題歌のタイトル#302!歌詞や意味は?

出典:https://thetv.jp/news/detail/208560/

この平井堅さんの歌う主題歌を私は一足早くYouTubeで聞きました。

平井さんは後ろ姿で歌っていますが、今までの平井さんの曲のイメージと違っていたのでちょっと驚きました。

 

詩のように歌う歌詞も素敵でした。

なかでも一番心を打たれた言葉は、「君の寂しさの(悲しさの)一番近くにいたい」です。

悲しいラブストーリーが目に浮かんでくるようです。

 

▼Twitterの口コミを載せておきますね。

4分間のマリーゴールド主題歌への視聴者反応は?

出典:https://news.dwango.jp/tv/41390-1909

▼Twitterより

 

 

好評ですね♪

 

冷静に、でもしっかりと感情移入しています。

このドラマで平井堅さんのファンも増えるのではないでしょうか?

4分間のマリーゴールドあらすじ

まず、主なキャストを紹介しましょう。

  • 花巻みこと…福士蒼汰…花巻家の次男、救急救命士
  • 花巻沙羅…菜々緒…花巻家の長女、みことの義姉、画家で優しい性格
  • 花巻廉…桐谷健太…花巻家の長男、大黒柱、警備員
  • 花巻藍…横浜流星…花巻家の末っ子、高校生、料理担当

 

次はあらすじをご紹介します。

 

救命救急士のみことは不思議な能力の持ち主。

手を重ねた人の「死ぬ運命」が視えてしまう。

 

それは必ず現実になる。

 

みことは同じ家で暮らす義姉の沙羅を愛してしまうのだが、ある日偶然沙羅と手を重ね、彼女が一年後に死ぬことを知ってしまいます。

なんとかしてその運命を変えようと手を尽くすみこと、しかし・・・はたして・・・

 

ちなみに、

タイトル「4分間のマリーゴールド」の4分間とは救命における生死を分かつタイムリミットのことで、この4分間の処置で運命が決まる大事な一瞬です。

 

マリーゴールドは、毎年沙羅の誕生日になるとみことが沙羅に贈っていた花です。

花言葉は、「悲しみ」「絶望」そして「生きる」。

 

まるでこのドラマの展開を暗示しているような花言葉ですね。

まとめ

今回は「4分間のマリーゴールド主題歌の発売日はいつ?#302の歌詞や意味は?」と題してご紹介しました。

父親の再婚で花巻家の一員となったみこと。

やがて義姉の沙羅を愛するようになる。

 

救急救命士として働くみことには手を重ねるとその人の「死の運命」が視えてしまいます。

沙羅がやがて死ぬことを知ったみことはなんとかして沙羅を助けようと手を尽くすのだが、一年後交通事故で沙羅は意識を失う。

 

だが、みことがおこなった4分間のの処置で沙羅は「死の運命」を回避することができた。

それから一年後、ウェディングドレス姿の沙羅の胸にはマリーゴールドが…

 

切なくて、悲しくて、でも最後はうれし涙のハッピーエンドとなります。(漫画では)

ドラマもそうなることを期待しましょう!

 

芸能人のドラマ衣装についてはこちらをチェック!

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事