破産者マップの目的は「眠っているデーターを自由にアクセスできる国に」破産者マップ閉鎖!

事件・ニュース

物議を醸していた「破産者マップ」が閉鎖することを発表した。
Wikipediaには「破産者マップ事件」という新しい言葉が出来ていて、破産者マップの影響力が伺える。

破産者マップの意図や目的が、個人的にはずっと気になっていたのですが、本日判明!
そこで今回は「破産者マップ」の目的を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

破産者マップの閉鎖発表!

さっそく、破産者マップの運営者と思われる「係長」と名乗る方のツイートから、見ていこうと思います。

この閉鎖に関しては、個人的には「やっとか」というのが正直なところ。

 

運営者はここまで影響力があると当初は予想していなかったようですが、官報に載ってるからって、個人が勝手に広めていいものではないです。

この破産者マップで、DVで逃げていた人が加害者に見つかってしまったり、近所の方に知られてしまった。など多くの苦情がありました。

今後は類似サイトが出来ないことを祈ります。

スポンサーリンク

破産者マップの作成意図や目的とは?

ここが一番個人的には気になっていたところでした。

では「係長」のツイートをみましょう。

この作成意図や目的に対しては、「当初の目的、削除依頼で破産者達の現状や、現住所ゲットができたから閉鎖なんでしょ!」などの声が多数上がっていました。

また「人を不幸にするサイトではなく、幸せにするサイトを作ってください。」などの声も。

 

個人的には「日本に眠っているまだ活用されていない国や自治体がもつデータを、個人を特定できない形にした上で」という文章。

ここがやっていることと、あっていないことをしていたことに、気づいて欲しかったなと思います。

 

個人情報は特定できてしまっていたし、「自由に」ということは、そこに「責任」がもちろん付いてくるわけで、その点が考慮できていれば、このサイトは元々必要なかった気がします。

 

そして他人の個人情報を公開しておいて、運営者の情報がなさすぎ
言い訳にしか聞こえません・・・。

スポンサーリンク

破産者マップ閉鎖のネットの声

スポンサーリンク

まとめ

今回は世間を大いに騒がせた「破産者マップ」の閉鎖や作成目的についてご紹介しました。

これで一件落着とはいかないとは思いますが、少なくてもサイト閉鎖でむやみなアクセスによる個人特定の問題はなくなりました。

今後「係長」がどうなっていくのかも、引き続き追ってみようと思います。

 

関連記事:破産者マップ違法性は?名誉毀損にあたるのか弁護士の意見まとめ!削除依頼する前に専門家に相談を!
関連記事:破産者マップの運営者は誰なの?連動ツイッターアカウント特定!係長とは?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ほかのエンタメ芸能記事はこちら!

 

芸能・エンタメ
気になる芸能人やエンタメ情報を記事にしてご紹介!テレビや映画情報・気になる芸能人のプライベートや整形疑惑などあらゆることを書いています!

無料で5秒でスタート出来るスマホゲームの最新RPG!片手間プレイOKのRPG「ナイトメアクロノス」で、あなたも遊んでみませんか?


ナイトメアクロノスはダウンロード無用で、5秒で遊び始められる最新のスマホゲームです!

内容は「放置していてもレベルが勝手に上がっていく、誰でも簡単に遊べるRPG」です。

難しい事は一切なしで、片手間でプレイ出来るから私もハマってます☆
そんな気軽に遊べるゲーム性がウケているのか、かなり人気が出てきてるスマホゲームです。

もちろん無料で遊べるので、あなたも是非一度プレイしてみてくださいね!

ナイトメアクロノスを無料で遊んでみるには、こちらをタップ!


もし仮に気に入らなかったら、すぐに遊ぶのをやめてOKなので、気軽に遊んでみてください〜。 無料だし、5秒でスタート出来ますので!


コメント