【炎上】カネカがパタハラ(育休)だとTwitterが話題に!

事件・ニュース

令和一発目の炎上案件です!

 

なんと、新しくパパになる人が育休を取得したところ

復帰後2日で関西への転勤命令が出た」というのです。

 

しかも、今回のケースでは様々な問題点があり現在ネットを中心に大炎上中です!

 

この記事ではTwitterで最近話題のパタハラについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

パタハラが話題だけど、何が起きたの?

想像してみてください。

40代の共働き夫婦が、生まれたばかりの赤ちゃんの育児のためにそれぞれ育児休暇を取ったという状況を。

 

そして、パパ、つまり旦那さんが育休から復帰してみたところ、なんと翌日には、なんと1ヶ月もないくらいの期間しか準備期間を与えられずに関西に転勤しろという命令が出たというのです。

 

しかも、ご夫婦は新しく生まれた赤ちゃんとみんなで過ごすための住宅を購入したばかり。

つまり、その地域で家族みんなで暮らしていくことが前提の状況だったのです。

 

このような状況ですから、旦那さんも当然ですが会社に転勤の延期を求めました。

 

しかもその転勤の延期もせいぜい1~2ヶ月の話

「今すぐに転勤をキャンセルしてほしい」などとわがままを言ったわけではないのです。

 

しかし、その相談さえも会社側は却下しました。

 

また、今回の騒動を発信している奥さんのコメントによると、有給申請も却下されてしまったということでした。

にわかには信じられないことですが、奥さんは報道各社からのインタビューなどにも対応していることからほぼ事実といって良いでしょう。

 

もちろん、片方からの情報をもとに断罪するようなブログ記事を執筆することはできませんが、かなりの事態であることがわかります。

スポンサーリンク

パタハラで炎上中の会社はどこ?

ちなみに、この会社については情報発信者が「#カガクでネガイをカナエル会社」と意味深なツイートをしています。

 

この情報を調べてみると、実はとある科学メーカーが出てくるのですが、このブログでは情報が確定していない以上、会社名は伏せさせていただきます。

 

ほとんど会社名が出ているようなものなので、気になる方はこちらのハッシュタグで検索をしてみてください。

 

また、この会社は結局旦那さんの様々な交渉をすべて退け、まるで厄介払いをするかのような形で5月31日付けで会社まで追い込みました。

 

ちなみに、6月まで在籍していればボーナスの時期ですから当然大手企業であればボーナスの存在もちらつくことでしょう。

 

しかし、6月の段階で会社に在籍していないということは、当然ながらボーナスも支給の対象にならない可能性が出てきました。

このような形で、経済的にも嫌がらせをする会社が願いを叶えるとは、また滑稽なものですね。

 

赤ちゃんが生まれたばかりでさらに住宅を購入したばかりという段階で、育休明け二日目の人に関西に転勤しろだなんて信じられないことをいう企業もあったものです。

 

転勤については大きな企業に勤めている限り絶対に避けられないことでもありますし、雇用契約上転勤のない条件になっていない限りは、その転勤も受けなければならないのが通常です。

 

しかし、どんなに事情を差し引いて聞いてみても、これは立派なハラスメントではないでしょうか。ちなみに、法的な問題は特にないということで、これもまた炎上の一つの要素となっています。

スポンサーリンク

パタハラ騒動の会社、株価下落?

この騒動と必ずしも一致するわけではないでしょうが、カネカという化学メーカーが6月3日、つまりこの騒動がTwitterで大炎上した日に、今年に入って初めての安値をつけました。

 

つまり、株価が大暴落したというわけです。

 

このブログでは、パタハラ騒動の会社を特定するわけではありませんが、カネカという化学メーカーが株価を下落させたことについては念のためお知らせしておきます。

スポンサーリンク

ちなみにパタハラって何?

ちなみに最近ハッシュタグでも大炎上しているパタハラというキーワードですが、これはどのような意味なのでしょうか。

 

マタニティハラスメント、つまりマタハラという言葉がありますが、それのパパバージョン、つまりパタニティハラスメントというのがパタハラの正式名称です。

 

今回はママというよりはパパに対するハラスメントが会社から行われたということで、パタハラ騒動と言われているわけです。

スポンサーリンク

化学メーカーのカネカ、サイトから育休に関するホームページを削除

実は、化学メーカーのカネカはこの騒動が起こった後、自社のウェブサイトに掲載されていた、育休制度などが関連するページを削除したとの指摘がなされています。

 

ウェブサイトが削除される前までは、ワークライフバランスということで、育児休業制度などが自社の制度として存在することなどを記載していたのですが、原因不明ながらもある日突然、このウェブサイトを同社が削除しました。

 

この辺りについても騒動と関係があるのではないか?ということで、かなり炎上しているのです。

スポンサーリンク

化学メーカーのカネカは疑惑を一切否定

これだけの騒ぎになっている今回の騒動、化学メーカーのカネカはその関与が疑われるような状況となっており、当社にも報道各社から様々な取材が殺到しています。

 

またこの取材に対してカネカの担当者は

「元々ワークライフバランスや育児休業制度に関するWebサイトはホームページのリニューアルに伴い削除される予定だったが、こちらは削除されずに残ってしまったものだった。Twitterに関連して削除したわけではない」

とコメントしています。

 

また、現在ツイッターで取りざたされている件については、当社として断定されているわけではないので、コメントもできないとしており、この対応に世間の怒りが集中しています。

スポンサーリンク

パタハラ騒動のニュースを受けてネットの声は?

育休復帰して即転勤はモラル的に厳しいけど法には触れていないとはいえ、有給消化させないのは完全にアカンでしょ

企業の対応が悪過ぎる…
ネットでのリスクマネジメントが下手クソ。

企業がそれなりの対応をしてれば、大して盛り上がらなかったのに、
急に育休関連のHPを消すから盛り上がるんだよ。

本来なら大企業の総合職なら転勤は当たり前。

でもそのタイミングで関連のHPを消すとか確信犯。

まぁ大企業だから転勤が当たり前って風潮も悪いけど…

そんなブラック企業潰しましょう

こんな会社が多いから少子化が進む。

●●●に入社した人は奴隷と同じですね。ブラック企業確定。

クソみたいな会社やな。

きっとここでも実名晒されへんとかタカをくくってんだね。

いずれこの少子化、労働力不足で痛い目にあうったください。

パタハラで株価下がってんのザマァとしか

組合もグルか?そうじゃなければ誰のための組合だよ

他のパタハラ事例が表に出てこないのは、当事者が辞めずに我慢しているから。

妻が大黒柱役割を引き受けられるなら、辞められる。

辞める選択肢があれば、不当な扱いを表立って言えるようになる。

スポンサーリンク

まとめ

このように、今回はパタハラという形でとあるメーカーが大炎上することとなってしまいました。

 

▼こちらもよく読まれています。

 

案件が案件だけに今後さらにネット上での追及がきつくなることが予想されます。

 

当サイトでは、現在化学メーカーのカネカが問題に関与している、と断定した記事はお届けしていませんが、今後同社がその関与を認めた場合には改めて記事をお届けする可能性もあります。

 

今後の最新情報については、当ブログでもアップデートしていきますので是非ご覧ください。

無料で5秒でスタート出来るスマホゲームの最新RPG!片手間プレイOKのRPG「ナイトメアクロノス」で、あなたも遊んでみませんか?


ナイトメアクロノスはダウンロード無用で、5秒で遊び始められる最新のスマホゲームです!

内容は「放置していてもレベルが勝手に上がっていく、誰でも簡単に遊べるRPG」です。

難しい事は一切なしで、片手間でプレイ出来るから私もハマってます☆
そんな気軽に遊べるゲーム性がウケているのか、かなり人気が出てきてるスマホゲームです。

もちろん無料で遊べるので、あなたも是非一度プレイしてみてくださいね!

ナイトメアクロノスを無料で遊んでみるには、こちらをタップ!


もし仮に気に入らなかったら、すぐに遊ぶのをやめてOKなので、気軽に遊んでみてください〜。 無料だし、5秒でスタート出来ますので!


事件・ニュース
スポンサーリンク
えりりをフォローする
One-Search

コメント