台風19号2019|関西・大阪や京都にいつ接近?米軍・ヨーロッパの最新進路予想!

ライフスタイル

2019年は台風が非常に多い一年となってしまいました。

台風15号による被害の復興もまだままならぬ中、台風19号が接近中です。

 

台風19号は、2019年、関西・大阪エリア、そして京都エリアにも影響を及ぼす可能性のある非常に大きな台風となりつつあります。

 

ここでは、関西や大阪あるいは京都にいつ台風19号が接近するのか?という情報を中心に、台風19号に関して米軍やヨーロッパの最新進路予想をお届けしていきます。

台風19号は関西・関東ダブル直撃?

台風19号、発生直後は関西をはじめ大阪・京都などに上陸する可能性すらあるのではないか?という進路予想が出ていましたが、10月10日現在での最新情報としては台風19号は現在日本のはるか南に存在し、自転車と同じくらいのスピードで北上し続けています。

 

台風の予想は刻一刻と変更になるものですが、ひとまず今の時点では12日土曜日の朝には東海エリアに非常に接近することが予想されます。

 

気象庁の方で発表されている情報としては、12日の土曜日から13日の早朝にかけて関東の方に上陸するのではないかという情報があります。

 

東海エリアにも影響を及ぼしかねないということで、結果的に関西圏である大阪や京都までも悪天候であることは間違いなさそうです。

 

今回の台風19号は非常に勢力が強く、また衛星写真などをご覧の方は既にお分かりかと思いますが、一般的な台風よりも非常に規模が大きく、一時期は日本列島をまるごと飲み込んでしまうのではないかというほどの雲の大きさでした。

 

出典:https://www.jma.go.jp/jp/gms/

 

つまり、関東直撃とはいえ大阪・京都そして奈良県など、関西エリアの広い部分で雨風共に強まる可能性もあるというわけです。

米軍の台風進路予想って何?

ところで規模の大きな台風になると、進路予想は遠く離れた外国の関係各機関でも出すことがあります。

 

その代表例が、日本に接近している台風なのに米軍が予想を出すことがあるというところです。

米軍の台風予測は一般的にfnmoc予測と呼ばれます。

 

 

こちらの予測は、日本の気象庁による台風進路予測とはやや異なることがあり、海外の関係機関が出している台風予測と日本の気象庁が出す台風予測を合わせてみると、おおよそどのルートで台風が移動するのかをより詳細に予測することができるようになります。

 

アメリカ海軍の気象海洋センターによって運営されている台風進路予測は日本の気象庁の台風予測よりも比較的正確になることもあり、こちらの方を確認しつつ台風の予測をする人もいらっしゃいます。

ヨーロッパでも台風予測をしているところがある?

実は、アメリカの軍以外にもヨーロッパ中期予報センターという機関があり、こちらでも台風に関して進路予測を出すことがあります。

 

たとえそれが日本の台風であったとしても、です。

 

▼こちらはWindyの様子

 

つまり米軍とヨーロッパのそれぞれの台風進路予測を確認しつつ気象庁の情報と併せて確認することにより、一般的にニュースで知られているような台風進路予測よりも比較的詳細に、そして確度の高い予測をすることができます。

今回の台風は15号をしのぐ?

台風19号は先日千葉県に自然被害をもたらした台風15号をしのぐ勢力なのではないかと言われています。

 

 

この段階においては、中心気圧は台風15号と匹敵するか、あるいはそれ以上の勢力となっており、一般的に台風は日本列島に近づくにつれてその勢力を落とすものではあるものの、まだ勢力が落ちていないことから、コースによっては日本列島全体に甚大な被害を及ぼす可能性もありそうです。

 

関西のエリアだからといって油断は禁物です。

 

台風19号が接近しているため、出来る限り不要不急の外出は避け、また気象庁も異例の台風3日前からの緊急会見を開いているくらいですから、出来る限り防災意識を高めて生活するようにしたいところです。

 

▼台風19号関連記事はこちら

 

少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました