アドレスホッパーのメリット&デメリットとは!住民票や住民税は?【マツコ会議】

ライフスタイル
2019年3月23日放送の「マツコ会議」で紹介された「アドレスホッパー

 

放送では「アドレスホッパー」と呼ばれる人たちが紹介されました。
アドレスホッパーって、なかなか聞かない言葉ですよね。

 

そこで今回は、アドレスホッパーがどのようなものなのか、調べてみました!

何やらアドレスホッパーは楽しそうな生き方に関するキーワードのようです。

 

メリットやデメリットはもちろんのこと、住民票や住民税に関する少し詳しい内容もご紹介していきます。

この記事を読み終わる頃には、アドレスホッパーにあなたもなっているかもしれませんね♪

アドレスホッパーって何?

最初に言ってしまえば、アドレスホッパーは住所を転々とする人のことをいいます。

 

これだと少し聞こえが悪いので(笑)

 

もう少し現代風に言うと生活の拠点を一箇所に定めることなく、様々な場所を移動するという遊牧民的な生き方をする人たちのことを言います。

 

もちろんアドレスホッパーには様々な目的があるので一概には言えませんが、生活の拠点を様々なポイントに「ホッピング」しながら生きていくことで、通常の生活よりも経験値は多く稼ぐ事ができるのではないでしょうか?

 

ちなみにアドレスというのは日本語で住所、ホッパーはよくホッピングと言ったりしますが、その文字通り転々としたり、いろんな所に飛んだりすることを言います。

 

つまり住所を転々と飛び回る人という意味になるというわけです。

アドレスホッパーのメリットとは

アドレスホッパーとしての生き方を選択することには、いくつかのメリットがあります。

 

まず一つ目に、水道光熱費を抑えることができるという非常に現実的なメリットがあります。

 

というのも、アドレスホッパーをしている人達は一般的にホテルや漫画喫茶、その他シェアオフィスにシェアハウスなど、様々なところを転々とします。

 

しかし多くの場合、ホッピング先は水道光熱費込みの料金になっていることがほとんどで、賃貸の時にかかるような水道光熱費がかかりません。

 

少し想像してみてほしいのですが、ビジネスホテルも高級ホテルも、一泊の代金を清算する時に水道光熱費を請求されることはありませんよね?

 

もちろんwi-fiの利用料も無料です。

 

wi-fiが付いている宿泊可能な施設といえば東京都内には多く存在するので、もちろんwi-fiに関する通信費用を気にする必要はないでしょう。

 

このようにアドレスホッパーな人たちは水道光熱費がかからないところで生きているので、宿泊費に水道光熱費は全てビルトインされているようなイメージでしょうか?

 

結果的に東京で暮らすのであれば、アドレスホッパーの方が若干ですが賃貸よりも総合的なコストを抑えることができるケースもあります。

 

そしてもう一つのメリットとして挙げられるのが、やはり自由な生き方ができるといったところでしょう。

 

拠点を定めてしまうと、どうしても生活の行動半径も自ずと定まってしまいます。

それが元で行動が制限されることもあるでしょう。

 

夢に向かって生きている、という人はアドレスホッパーとして生きていく方が何かと都合が良いというケースもあるでしょう。

 

アドレスホッパーは今住んでいる住所に縛られることがないので、自由に行動することができます。

仕事もフリーランスの仕事などをすることによって、完全なる自由な生活ができることになるでしょう。

アドレスホッパーのデメリットは?

 

アドレスホッパーにももちろんデメリットはあります。

 

住所がないというのは最大のメリットと言えそうなものですが、これは同時に最大のデメリットでもあります。

 

何かあった時に帰る家がないというのと同じですから、何か病気などをしてしまうと大きな苦労をすることになるでしょう。

 

その他、お金が尽きてしまうとアドレスホッパーとしての活動はできなくなりますので、このあたりも要注意といったところでしょうか?

 

自由な生活には責任がつきもので、この辺りの責任が取りきれなくなってくるとアドレスホッパーとしてのデメリットが一挙に押し寄せてくるような感じです。

アドレスホッパーは住民票や住民税はどうなるの?

アドレスホッパーを体験してみたいという方も多くいらっしゃることでしょう。

 

しかし、そもそも住民税や住民票はどうなるのでしょうか?

このあたりも気になるところです。

 

色々とリサーチをしてみた結果、まず住民票は必ずどこかに置いておかなければなりません。

 

アドレスホッパーの人は実家に住民票を置いてそこから転々としているというケースもありますし、勤務先に住民票を移してしまったというケースもあります。

 

フリーランスで働いていて、いわゆる一人社長の会社を経営しているという方は会社を登記したオフィス街に住民票をそのまま移転しまいアドレスホッパーになったという方もいらっしゃいます。

 

サービスによっては住民票を置くことができるシェアオフィスレンタルオフィスバーチャルオフィスなどもありますので、色々と調べてみると良いのではないでしょうか。

 

ちなみに税金に関係して、住民税については絶対に支払わなければなりません。

 

これは国民の義務ですから、当然ですね。

 

住民税については現在住民票がある住所の住民税がかかることになりますので、必ず忘れずに納付するようにしましょう。

 

また、アドレスホッパーとして生きていると住民税や各種税金の納付通知書などが郵送で送られてくるのですが、これをなかなか受け取れないというケースもあるでしょう。

 

住民税や各種税金は滞納すると大変なことになりますので、アドレスホッパーとして生活するのであれば、まずこれらの税金関係はきちんと処理できるように覚えておきましょう!

まとめ

今回はマツコ会議で紹介されたアドレスホッパーについて「アドレスホッパーのメリット&デメリットとは!住民票や住民税は?」と題してご紹介しました。

 

時代の流れで、新しい生き方やスタイルが提案されてきている印象ですね。

 

アドレスホッパーにもメリット・デメリットはありますが、場所や環境に縛られたくない現代人にとっては自由を手に入れる一つの選択肢なのかもしれませんね♪

 

 

この記事が少しでも参考になればうれしいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ライフスタイル
えりまるをフォローする
One-Search

コメント

タイトルとURLをコピーしました