アファメーション効果的なやり方と3つのポイント!意味や例文もご紹介します!

心理・自己啓発・問題解決

今回は成功者が実践していると言われる「アファメーション」!!

 

これから実践したい方、もうすでに生活に取り入れている方、はじめて聞いた方。

 

今回は「アファメーション効果的なやり方と3つのポイント!意味や例文も」と題してご紹介します!

スポンサーリンク

アファメーションとは?

あなたはアファメーションって言葉をご存知ですか?

 

アファメーション(affirmation)とは、「誓約」「宣言」という意味があり、暫定的なことを宣言することです。

 

こうなりたいな。と思う願望を、言葉の強制力で自分自身や相手に繰り返し唱えることで潜在意識にインプットして実現していくという行為のことを言います。

スポンサーリンク

アファメーションの効果的なやり方とは?

アファメーションを行うときにはすべて暫定する言い方にしましょう!

否定的な言葉を入れてしまうと脳は、そこから勝手に連想して否定的なことを実現してしまいます。

 

※例文として「私は無理なくお金が貯まります。」だと「無理」という否定的な言葉が入っているので、そこからお金を貯めることが無理。と脳が勝手に変換してしまいます・・・。

そのため、この場合ですと「私は日々効果的にお金が貯まります。」に変えましょう!

 

私の個人的なアファメーションのタイミングとしては睡眠前から睡眠の間の中間時間が一番おすすめです!

 

人によっては朝と夜の一日二回鏡に映った自分自身に向かったり、常に録音したアファメーションを通勤時や家事をしながら聞いてるという方もいます。

 

潜在意識にインプットしたいので、何度も繰り返し唱えたり、聞いたりする回数が多い方がよいです。

 

が、しかしアファメーションの宣言している声に対して、自我・エゴという厄介な声がいるんです・・・!

 

あなたが「私はなぜか知らないけどお金が入ってくる」とアファメーションをしていたとしますよね。

そうすると自我、エゴの声が「ほんとに?」「どこから?」と反応してきます・・・。

 

それは意識の裏側で起こっているいますが、自我にも自分をコントロールするという大事な役割があるので、ネガティブ反論をしてくるんです。

 

ちょっと厄介で思考力VS言葉の力の戦いです!!!

 

そこで私は、自我・エゴの声が静かになる睡眠前から睡眠にかけての中間時間、ウトウトしている時間が一番効果的な時間だと感じています。

 

声に出してもよいですが、心で唱える、もしくは録音したアファメーションを聞くのもよい方法だと思います。

そのまま寝てしまっても大丈夫!

 

そしてもう一つ大切なポイントは、疑うことなく本気で信じて宣言すると言うことです!

 

アファメーションは言葉の力で、自分自身に対して思い込ませる一種の自己暗示です。

そのため半信半疑で唱えたり、ネガティブに疑って行っているのでは効果は得られません!

 

自分で宣言したことに責任をもつ心構えが必要。

私のおすすめした時間帯だけでなくても、しっかり本気で宣言するようにしましょう!

アファメーションのポイント①現在進行形で

アファメーションの宣言文を作るときは「過去形」や「願望形」ではなく、「現在進行形」で作るようにしましょう。

 

例えば「素敵なパートナーが欲しい」だと今はいないけど現れたらいいな。という表現で現在進行形ではありませんよね。

 

これは今はいないという現実でネガティブな思考の原因になってしまいます。

なりたい。」「~なる」の言い回しだと理想ではない現状を引き寄せてしまいますのでNG!

 

この場合だと「素敵なパートナーと出会えて、とてもうれしいです。」や「素敵なパートナーと出会えて幸せです。」などと宣言文を作りましょう!

アファメーションのポイント②主語を入れる

アファメーションを行う際には一人称を入れるようにしましょう!

「私」「俺」など呼称は何でも構いませんが、文章の中に主語を入れると効果的です。

 

いつも自分のことを「わし」と呼んでる人が「私」というと、その方にとってはギャップを感じますよね?(笑)

そのため自分がしっくりくる呼称に変えてアレンジしてください。

アファメーションのポイント③現実離れしない

例えばパソコン知識のない主婦が「私は一年以内に世界一のブロガーになって有名になっています。」とアファメーションで宣言したとしましょう。

 

そうすると現実の自分と理想の自分に差がありすぎて大きなギャップを感じますよね(笑)

 

少し現実離れしすぎていて、脳が違和感を覚えたり、心のどこかに疑いがでてきます。

 

不可能に近いアファメーションは思考に勝てなくて、あまり効果を発揮できなくなってしまいますので、自分自身が腑に落ちるリアルに感じられる範囲で行っていただくのがベストだと思います!

スポンサーリンク

有名人もアファメーションを使っていた!

村田諒太(プロボクサーで金メダリスト)

ボクシング男子ミドル級で金メダルを獲得した村田諒太さんは、自宅の冷蔵庫に「金メダルを取りました!ありがとうございます。」と書いた紙を貼り、常に眺めてインプットしていたのです。

 

またロンドン五輪の決勝戦前に自身のノートに「決勝戦は判定で勝った!最後まで諦めずに念願の金メダルを取った!圭子(奥さんの名前)ありがとう!」と書いて眺めたりしていたそう!

 

あえて原動力となる感情を強化し、あたかも起こったようなリアリティをもってアファメーションを綴っていたのです。

本田圭祐(プロサッカー選手)

サッカー選手の本田圭祐さんはビッグマウスと以前から有名ですが、子供の頃からアファメーションを活用していた一人です!

 

小学生の時の作文では「ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたい。というかなる。」と書いていました。

アファメーションの通り、世界的に名の知れる有名なサッカー選手として活躍しています!

 

このアファメーションのすごいところは「~なりたい。」ではなく「なる。」とハッキリと断言しているところ。

 

本田選手の場合、回数が多く、常にポジティブな言葉を自分自身に宣言する方法で行っています。

 

  • 「俺はできるさ」
  • 「折れるな、折れるな、折れるな」
  • 「まだまだやれるだろう」
  • 「言ったことはやろう」
  • 「限界を作るな、一歩先へ」

など質の高いアファメーションを言うことで自分自身を奮い立たせている様子がよくわかります。

スポンサーリンク

アファメーション例文

ここで少しアファメーションの例文をご紹介します。

  • 私の能力は常に向上しています!
  • 私の最高な人生の先導者は私自身です!
  • 私は自分自身を愛しています!
  • 私は常にキラキラ輝いている!
  • 私はあらゆるチャンスに恵まれています!
  • 私はあたたかい人間関係に包まれています!
  • 私の可能性は無限です!
  • 私の周りには素晴らしい人が集まってきます!
  • 私の人生はますます良くなっています!
  • 私はお金に愛されています!
  • 私はいつも笑顔で穏やかです!
  • 私はお金を賢く使い、お金に困りません!

一番のコツは自分の本当の願望に絞ることです。

 

 

欲張っても潜在意識にインプットできなければまったく意味のない行為になってしまいます。

ぜひ自分にあったアファメーションの文章を考えてみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は私のアファメーションの使い方やポイントを紹介しました。

紙に書く。声に出して言う。心で唱える。録音して聞く。などさまざまな方法があります。

 

大切なのは宣言すること。

そしてインプットさせることです。

 

あなたに合う方法を見つけ出し、オリジナルのアファメーションを行ってみてください!

 

▼よかったらこちらも読んでみてください

 

この記事が少しでも参考になればうれしいです。

ありがとうございました!

無料で5秒でスタート出来るスマホゲームの最新RPG!片手間プレイOKのRPG「ナイトメアクロノス」で、あなたも遊んでみませんか?


ナイトメアクロノスはダウンロード無用で、5秒で遊び始められる最新のスマホゲームです!

内容は「放置していてもレベルが勝手に上がっていく、誰でも簡単に遊べるRPG」です。

難しい事は一切なしで、片手間でプレイ出来るから私もハマってます☆
そんな気軽に遊べるゲーム性がウケているのか、かなり人気が出てきてるスマホゲームです。

もちろん無料で遊べるので、あなたも是非一度プレイしてみてくださいね!

ナイトメアクロノスを無料で遊んでみるには、こちらをタップ!


もし仮に気に入らなかったら、すぐに遊ぶのをやめてOKなので、気軽に遊んでみてください〜。 無料だし、5秒でスタート出来ますので!


コメント