モンキーパンチの現在の自宅住所は佐倉市で出身地は北海道!妻子供や経歴プロフィールも!

事件・ニュース

ルパン三世の生みの親で原作者として知られるモンキー・パンチこと本名加藤一彦さんが、2019年4月11日に肺炎によって81歳で死去しました。

 

ルパン三世といえば長年親しまれてきた有名作品で、漫画やアニメ、そして度々映画が製作されて、数々の名言も誕生しました。

 

今回はモンキーパンチこと本名加藤一彦さんの現在の自宅住所である佐倉市、そして出身地、妻や子供、経歴プロフィールなどをまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

モンキー・パンチさんが死去!


出典:115.com/archives/52253838.html

ヒット作「ルパン三世」などで知られるマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが11日、肺炎のため死去した。81歳。

1937年に北海道浜中町で生まれる。65年に「プレイボーイ入門」でマンガ誌「漫画ストーリー」(双葉社)からメジャーデビューを果たし、67年8月にマンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で「ルパン三世」の連載を開始。人気を博して、71年にはテレビアニメが放送開始。その後もテレビシリーズ、劇場版など現在まで新作が作り続けられるヒットアニメとなった。

80年以降、サンディエゴ・コミックコンベンションINKPOT賞、ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞、AMD Award功労賞、東京アニメアワードアニメ功労賞などを受賞。晩年もCGを使った3Dアートの研究など意欲的に活動したほか、大手前大学などの客員教授としてマンガ制作の講義を行うなど、後進の指導にも努めた。

2012年からは故郷の浜中町で、ファンイベント「ルパン三世フェスティバルin浜中町」が開催されているほか、07年のテレビスペシャル「ルパン三世 霧のエリューシヴ」も同町が舞台になるなど、郷里への思い入れでも知られていた。

出典:ヤフーニュース

 

ルパン三世は昔からあるので原作者の方の生存は存じ上げてなかったのですが、年齢が81歳だったとは驚きです。

 

地上波の金曜ロードショーでもたびたびルパン三世は放送していて私も何度も見ています♪

特に「ルパン三世 カリオストロの城」は有名中の有名ですよね。

 

ルパン三世といえば個性的なキャラクターや音楽も作品を盛り上げてくれていますが、名言もたくさん生まれています。

銭形「くそぉ、一足遅かったか。ルパンめ、まんまと盗みおって。」

クラリス「いえ、あの方はなにもとらなかったわ。私のために戦ってくださったんです。」

銭形「いえ、奴はとんでもないものを盗んでいきました」

クラリス「…?」

銭形「あなたの心です」

出典:ニコニコ大百科

スポンサーリンク

モンキー・パンチさんの経歴プロフィール!

 

プロフィール
名前:モンキー・パンチ
本名:加藤一彦(かとうかずひこ)
生年月日:1937年5月26日
死没:2019年4月11日(81歳没)
出身:北海道厚岸郡浜中町
国籍:日本
職業:漫画家・デジタルクリエーター
代表作:ルパン三世・一宿一飯など
受賞歴:INKPOT賞/ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞/AMD Award功労賞など

 

モンキー・パンチさんはルパン三世の原作者として知られる漫画家です。

漫画家以外にもデジタルクリエイターや大手前大学教授、東京工科大学メディア学部客員教授などマルチに活躍されてきました。

 

出身地は北海道厚岸郡浜中町出身実家は漁師さんだったそう。

モンキー・パンチさんが学生の頃は地元の医師の元でレントゲンの助手などもしていたそうで、その頃から漫画を描いて患者さんを和ませていたというエピソードもお持ちでした。

 

学歴としては北海道霧多布高等学校を卒業後、東海大学専門学校電気科に入学、その後中退しています。

 

モンキー・パンチさんは漫画家・手塚治虫さんをリスペクトしているようで、漫画を描き始めたのも手塚治虫さんの影響だそうです。

 

その頃は「加東一彦」や「かとう・一彦」というペンネームを使用し、出版社で漫画家のアルバイトをしながら、弟の加藤輝彦さんと友人と3人で同人活動をしていたとか。

 

そして、アメリカの雑誌「MAD」の影響で、西欧風の作風を取り入れるようになり、「プレイボーイ入門」で漫画家として本格的なデビューを果たしました。

ペンネームがモンキー・パンチなのはなぜ?

1966年当時、双葉社の清水文人編集長の命令でペンネームを変えることに。

 

そのペンネームが「モンキー・パンチ」で清水文人編集長が適当に付けた名前なので、加藤一彦さん本人は気に入ってなかったそう。

 

なので一年後に変えようと思っていたところ、このペンネームで翌年に発表した作品が大ヒットしてしまったので変えられなくなってしまい、現在までに至るという経緯がありました。

 

その大ヒット作品こそが「ルパン三世」でした。

 


出典:https://www.lupin-3rd.net/

 

アメリカのアニメ映画「トムとジェリー」の掛け合いが好きだったモンキーパンチさんは、ルパン三世のキャラクターモデルにも採用。

銭形警部はトム、ルパン三世はジェリーをモデルにしている制作されたそうです。

 

関連記事:モンキーパンチ死去に叶姉妹や栗田貫一ら芸能人が追悼コメント!画像付き

 

そして2003年4月・66歳の頃には、「きちんとした勉強をしないと、これ以上先に進めない」と考えたそうで、東京工科大学大学院メディア学研究科メディア学専攻(現・バイオ・情報メディア研究科メディアサイエンス専攻)修士課程(現・博士前期課程)に入学し、通っていたそうです。

 

すごく勉強家で行動派の方だったようで、66歳で大学に通うとは本当に頭が下がります。

スポンサーリンク

モンキー・パンチさんの現在の自宅住所は佐倉市で出身地は北海道!

 

モンキー・パンチさんの現在のご自宅は有名なようでツイッターでもたくさんツイートされていました。

 

自宅兼事務所を建てたいと思い、友人の紹介で千葉県佐倉市に決め、平成8年から千葉県佐倉市に住んでいるそうです。

 

千葉県佐倉市について知りたい方は動画をチェックしてみてください。こちら↓

 

公には公表されていませんが情報によると、佐倉市の高級住宅街である「染井野」にご自宅があるということです。

 

モンキー・パンチさんは佐倉市広報カレンダーの作画も担当していたり、「佐倉親善大使」にもなっています。

 

そして先ほどと重複しますが、出身は「北海道厚岸郡浜中町」です。

スポンサーリンク

モンキーパンチの妻や子供について

プロフィールでもご紹介されていただいた通り、加藤輝彦という弟さんがいて、モンキー・パンチさんのアシスタントをされていました。

 

そしてご家族である奥様や子供さんについてですが、ネット上では「息子さんがいる」という情報がありました。

そのため独身ではなく家庭を持っていたようですね。

 

ただ、プライベートなご家族についてはあまり情報がありませんでした。

しかし81歳という年齢を考えると、お孫さんもいておじいちゃんだったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

モンキー・パンチのまとめ

有名作品「ルパン三世」の生みの親であり原作者です。

出身は北海道で、現在は千葉県の佐倉市の高級住宅街に住んでおられました。

66歳まで大学に通われ、とても勉強熱心の方であったように思います。

ご家族には妻と息子さんがおられます。

 

日本テレビ「金曜ロードSHOW!」では2019年4月19日に追悼番組として、モンキー・パンチさんの代表作の一つルパン三世 ルパンVS複製人間を放送します。

 

今まで素晴らしい作品をありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

ほかのエンタメ芸能記事はこちら↓

芸能・エンタメ
気になる芸能人やエンタメ情報を記事にしてご紹介!テレビや映画情報・気になる芸能人のプライベートや整形疑惑などあらゆることを書いています!

 

無料で5秒でスタート出来るスマホゲームの最新RPG!片手間プレイOKのRPG「ナイトメアクロノス」で、あなたも遊んでみませんか?


ナイトメアクロノスはダウンロード無用で、5秒で遊び始められる最新のスマホゲームです!

内容は「放置していてもレベルが勝手に上がっていく、誰でも簡単に遊べるRPG」です。

難しい事は一切なしで、片手間でプレイ出来るから私もハマってます☆
そんな気軽に遊べるゲーム性がウケているのか、かなり人気が出てきてるスマホゲームです。

もちろん無料で遊べるので、あなたも是非一度プレイしてみてくださいね!

ナイトメアクロノスを無料で遊んでみるには、こちらをタップ!


もし仮に気に入らなかったら、すぐに遊ぶのをやめてOKなので、気軽に遊んでみてください〜。 無料だし、5秒でスタート出来ますので!


コメント