【2020】第三次世界大戦が!?未来人の予言が的中?【都市伝説】

2020年に第三次世界大戦が起こる?という予言が出回っているようです!!!

 

それを予言したのは過去の有名人や、未来人だと言われています。

でもノストラダムスの予言などはよく知られていますが、未来人の予言って?・・・都市伝説でしょうか。

 

タイムトラベルで現代に来たとしても第三次世界大戦がそれも今年起こるなんて穏やかではありませんね。

 

果たして予言は実現するのか、もちろん当たって欲しくはないですが・・・。

ここでは第三次世界大戦を予言した人達について詳しくお伝えします。

【2020年】第三次世界大戦が起きる!?

 

2020年1月3日にアメリカ軍がイランのソレイマ二司令官を殺害しました。

 

ソレイマ二司令官はイランの英雄とされている人物でこれによってアメリカとイランの間で緊張が高まり、戦争になるのではないかと不安が広がりました。

 

その後イランはアメリカを非難し、アメリカは自国の正当性を強調していますが、表立って大きな動きはまだないようです。

 

第三次世界大戦が始まるとすればこのことが原因だと言われています。

しかし過去の戦争と違って、世界の各国がなんとしても大きな戦争になることを防ごうとするでしょう。

 

なぜなら第三次世界大戦になった場合、核戦争となり人類滅亡の始まりとなってしまうからです。

今まで第三次世界大戦を予言した人一覧

 

過去に第三次世界大戦の勃発や人類滅亡をを予言した人は大勢います。

  • ノストラダムス
  • アインシュタイン
  • ローマ教皇
  • 聖母マリア
  • 聖徳太子
  • ジーン・ディクソン など

 

「第三次世界大戦」と言及しなくても人類にとって悲惨な出来事が起こることを予言しました。

 

それが的中したり外れたりしたこともありますが、予言は予言として、悲惨な運命を避ける方法もあるかもしれません。

アインシュタイン

アインシュタインはドイツの天才理論物理学者ですが、そのアインシュタインが第三次世界大戦が起こることを予言したと話題になっています。

 

それは、

「第二次世界大戦では原子爆弾が兵器として利用されましたが、第三次世界大戦が起こったら、どのような兵器が使われると思いますか?」というインタビューを受けたアインシュタインが「第三次世界大戦についてはわかりませんが、第四次大戦ならわかります。石と棍棒でしょう。」と答えたというもの。

 

これは、全面核戦争かあるいは(発言時点では)未知の新兵器による破滅的な第三次世界大戦を経たならば人類文明の崩壊は必至であり、その後はたとえ世界規模の大戦が起きても武器はもはや石と棍棒しかないだろう、という意味の「予言」というよりはアインシュタイン自身による皮肉を含んだ「警句」である。

https://ja.wikipedia.org/wiki

 

これは予言というより、もし第三次世界大戦が起きたら次の戦争は原始時代の戦いと同じ武器を使ったものになるという至極当然な予想というものでしょうね。

予言ではなかったので、ちょっと安心しますね。

聖徳太子

引用 https://sociedo.jp/?p=1726

 

聖徳太子は未来を視ることができたと言われています。

それに関しては本も出版されています。

 

「聖徳太子の大預言 未来記と未然記」(飛鳥昭雄、山上智著)

 

予知能力を駆使して将来のことを言い当てたので予言者とも言われているのでしょう。

 

2019年~2030年の間に「クハンダ」が起こると予言しましたが、これは南海トラフ地震のことで、第三次世界大戦を表すとネットでは言われています。

 

クハンダとは、聖徳太子が予言したとされる滅亡をもたらすもの

 

はっきりと戦争が起こると述べているわけではなく、後世の人がいろいろ想像したりすることもあったのではないでしょうか。

ジーン・ディクソン

引用 https://www.amazon.co.jp/Unknown-1975

 

女ノストラダムスとも言われるジーン・ディクソンはアメリカ合衆国の占星術師です。

 

ケネディ大統領の暗殺や米ソの冷戦、バブル崩壊などを言い当てたと言われています。

直近では2020年にハルマゲドンが起こると予言したそうですが、これは第三次世界大戦を意味しているのかも知れません。

 

しかし当たらなかった予言も多くあったそうですから、この場合は当たらないことを期待しましょう。

第三次世界大戦を予言した未来人

ジョン・タイター

ジョン・タイター

引用 https://www.instagram.com/jhg9829/?hl=ja

 

ジョン・タイターはネットの書き込みで2036年からきたトラベラーだと名乗っています。

 

2015年に米露の核戦争を予言していましたが、幸いそれは起こらず、タイムトラベラーというのも信憑性に欠けるところがあります。

典型的な都市伝説といえなくもないですが、確信は持てません。

マイケル・フィリップス

2043年生まれで2075年から来たというタイムトラベラーのマイケル・フィリップス氏。

 

彼の予言は2019年3月に北朝鮮がハワイを核攻撃、アメリカは北朝鮮の平壌を攻撃し、この混乱の中、中露側と英米側に分かれ2020年第三次世界大戦が起こるというものでした。

 

しかしアメリカと北朝鮮の間で危機的状況はあったものの戦争になることはありませんでした。

これからのことはわかりませんが・・・。

 

このことから予言は当たる時もあれば、それを前もって知ることで避けることができるとも思います。

第三次世界大戦の予言にネットの声は?

ではネット上では第三次世界大戦の予言についてなんと言っているのか聞いてみましょう。

未来人の予言は2015年は外れましたが、これからはどうなるのかわかりませんが、外れることを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

調べたところ、第三次世界大戦の予言に対して半信半疑な人と、イランとアメリカの対立など大戦争の引き金となりそうな事件もあり不安な人もいるようです。

 

予言は当たらなくてもよいからなんとしても戦争は回避したいですね。

おすすめの記事